【きよリン様(33歳男性)による体験談のレポートです】

私が債務整理を行う事になったのは、以前から借り入れをしていた借金が200万近くあり、利息だけを何年も払い続ける事に耐えられなくなったのが原因です。
丁度東京の弁護士事務所の方が出張で北海道で無料相談会を行うというチラシを見つけて、藁にもすがる思いで相談に行きました。

弁護士の方に現在の借金の状況を説明すると、債務整理の種類の中から任意整理という方法提案してくれました。
債務整理とは、払いすぎた金利を法律の範囲内で計算しなおして借金を減らす方法になります。

当時はグレーゾーン金利の時代で、私も年利29.2%で借り入れしていたので、200万近くあった借金が50万円まで減額され、一部のキャッシング会社では過払い金が発生しました。
その後、50万円に減った借金を毎月決まった金額を返済していく事でまとまり、月2万円ずつの返済で約2年で完済に至りました。
弁護士の方に払った費用は成功報酬の2割でしたので、そこまで負担になることもなく、150万円近くの借金が無くなったことに感謝しています。

現在はキャッシング会社の金利も法律に定められた数字になっていますので、過払い金が発生することは基本的にありません。
ただ、昔から長い期間借り入れをされている場合は過払い金が発生している可能性が高いので、弁護士の方に依頼して債務整理を行うのが最適だと思います。
弁護士の方も状況に応じてどうすれば良いのか適切なアドバイスをくれますので、安心してお任せして問題ありません。
特に過払い金の問題は10年で時効になってしまいますので、早くしないと無効になってしまいます。
現在も借金に苦しめられて生活が大変な方は、無料で相談ができますので、一度お近くの弁護士事務所に相談に行かれる事をオススメします。
話を聞いてもらえるだけで精神的に非常に楽になります。